コロニアル屋根塗り替え 1回目の仕上げ塗装 中塗り

 富山県射水市太閤山近郊 住宅の塗り替えの続きです。今回は、コロニアル屋根の中塗りをご紹介します。

トタン笠木の中塗り

 通常塗り替えは、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで仕上げます。

中塗りは、下塗りの後に行う1回目の仕上げ塗装となります。

スチール製 雪止めの中塗り

下塗りは、下塗り専用の塗料を塗装しますが、中塗りと上塗りは、同じ仕上げ用の塗料を塗装します。

コロニアル屋根には、笠木や雪止めなどの金属部分と、窯業系(セメント系)の部分があります。

窯業系 コロニアル屋根の中塗り

下塗りでは、素材専用の塗料を塗装しますが、中塗り・上塗りでは、金属部分・窯業系部分にも同じ塗料を塗装します。

 屋根は、住宅の中で一番過酷な環境にさらされる場所です。

一般塗料の中では、一番耐久性の高いフッ素樹脂塗装をおすすめします。

ご参考までに、撮影してきた「コロニアル屋根の中塗り」動画をご覧ください。

コメントを残す

*

いいね!をクリックして杢野塗装からのお知らせを受け取る

お問い合わせ・ご相談・ご質問は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409
お問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらをクリックしてください

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらから

このページの先頭へ