富山県砺波市 住宅塗り替え 軒裏の中塗り

 富山県砺波市 住宅外壁 塗り替えの続きです。前回は、外壁の防水処理をご紹介しました。

今回は、軒裏の中塗りをご紹介します。

軒裏に埋め込まれている照明器具を避けつつ、中塗りを行いしました。

下地処理と防水処理が終わりましたので、ここからどんどん塗装していきます。

基本的には、上側から下側に向けて塗装しまので、まずは軒裏から。

塗装は通常、下塗り(下地塗装)、中塗り・上塗り(2回の仕上げ塗装)で行います。

下塗りは、既存の塗装面と新しい塗装を密着させるために行います。

中塗りでは、塗料が多く染みこみますので、多く塗料が付けられる刷毛塗りしました。

軒裏は、塗料が染みこむ材質が使われているので、下塗りをしなくても密着します。

なので、中塗り・上塗りだけしっかり行えば、はがれてくる心配はありません。

中塗りでは、塗料が多く染みこみますので、多く塗料が付けられる刷毛塗りしました。

乾燥するのを待って、2回目の仕上げ塗装 上塗りを行います。


コメントを残す

*

いいね!をクリックして杢野塗装からのお知らせを受け取る

お問い合わせ・ご相談・ご質問は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409
お問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらをクリックしてください

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらから

このページの先頭へ