富山市呉羽 住宅屋根の塗り替え 棟瓦の組み直し 解体編

 富山市呉羽 住宅屋根の塗り替えの続きです。前回は、塗り替え前の棟瓦の状態をご紹介しました。

今回は、棟瓦の組み直し 解体編をご紹介します。

棟瓦の解体

 まずは、一旦棟瓦を解体します。

棟瓦の部材は、比較的新しいので、傷んでいる物は交換しますが、再利用します。

中に入っていた瓦のガラや土は、もう利用できませんので、廃棄処分となります。

中に入っていた瓦のガラや土は、もう利用できませんので、廃棄処分となります。

 読者様の中には、なぜ塗装店が瓦の修理をするの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

今回も、屋根 トタン部分の塗り替えのご依頼でしたが、棟瓦の不具合を放置しておくと、雨漏りはもちろん、屋根下地の木も腐食します。

下地の木からの交換になりますと、折角塗り替えたトタン屋根も、交換しなくてはいけなくなります。結局、塗り替えが無駄になってしまいます。

塗り替えが無駄にならないように、影響がある部分は、信頼できる専門職人と協力をして、修理を行うようにしています。


コメントを残す

*

いいね!をクリックして杢野塗装からのお知らせを受け取る

お問い合わせ・ご相談・ご質問は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409
お問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらをクリックしてください

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらから

このページの先頭へ