住宅塗り替え 軒裏の下地処理

 富山県射水市太閤山近郊 住宅の塗り替えの続きです。今回は、軒裏(のきうら)の下地処理をご紹介します。

まずは軒裏に、ケレン・目荒しという汚れを落とし、密着度をアップさせる下地処理を行いました。

 軒裏とは、屋根が外壁より飛び出ている部分の裏面のことです。「見上げ」といわれれる事もあります。

軒裏の材質は、ケイ酸カルシウムボード(ケイカル板)というものが使われています。

石膏を固めた物で、燃えません。

 火事の延焼は、この軒裏から火が入ることが大きな原因と言われています。

そのため、多くの住宅では、燃えない材質のものが張られています。

普段、あまり意識をしない所ですが、とても大切な所なので、外壁塗り替えの時は、軒裏も塗り替えます。

まずは、ケレン・目荒しという汚れを落とし、密着度をアップさせる下地処理を行いました。

ご参考までに、撮影してきた「軒裏の下地処理動画」をご覧ください。

コメントを残す

*

いいね!をクリックして杢野塗装からのお知らせを受け取る

お問い合わせ・ご相談・ご質問は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409
お問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらをクリックしてください

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらから

このページの先頭へ