富山県南砺市 住宅塗り替え トタン外壁のサビ落とし・目荒らし

 先日よりスタートした、富山県南砺市 住宅塗り替えの続きです。

前回は、トタン屋根と庇(ひさし)のサビ落とし・目荒らしまで終わりました。今回は、トタン外壁のサビ落とし・目荒らしです。

手で触ると白い粉が付くチョーキングが出ていました。

 トタン外壁の塗装前に状況は、トタン屋根と同様に色あせており、前回の下地塗装の色が若干見えている部分もありました。

まだ目立ったサビはないものの、細かいサビは出てきています。

 また、手で触ると白い粉が付くチョーキングが出ていました。チョーキングの出始めが、適切な塗り替え時期の目安となります。

これは、古い塗装膜が劣化して粉状になって、はがれてきている状態です。塗装の防水効果は、もうありません。

チョーキングが塗装の劣化、サビはトタンの劣化です。トタンが劣化する前に塗り替えるのが、トタンの寿命を最大限に延ばす秘訣です。

表面に付いた汚れやサビ、劣化した塗装膜を、ワイヤーブラシという道具を使い、出来るだけ落としました。

 まずは、表面に付いた汚れやサビ、劣化した塗装膜を、写真のワイヤーブラシというスチールタワシのような道具を使い、出来るだけ落としました。

 この作業は目荒らしといって、表面に無数の細かい傷を付ける作業も兼ねています。

目荒らしをすると、表面に付いていた汚れが落ちます。汚れが落ちると、新しい塗料の密着度がアップするので、必ず行う必要がある作業です。

 サビ落としと目荒らしを行っておくと、新しくする塗装の膨れやはがれなどを防ぐことが出来ます。

コメントを残す

*

いいね!をクリックして杢野塗装からのお知らせを受け取る

お問い合わせ・ご相談・ご質問は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409
お問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼は、気軽にお電話ください。 0763-22-4409

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらをクリックしてください

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちらから

このページの先頭へ